余裕のコミュニケーションとは?

どちらかというと自分にとって嬉しくないことが起きたときの対処として、相手がいたら「何やってんだコノヤロー」というのは簡単です。

というか普通なのかもしれません。

ですが余裕があるのなら対応も感情も変わってきます。

強いて言えば思いやりがあるかどうか

あなたの大切な人に対しては思いやりも表現できるかもしれませんが初対面の相手にまでは行き届かないのが普通です。

でもそこで余裕を見せると・・・・頼もしくさえ思われますね?

しかも、格好いい!!

まあ、ウケを狙う必要はありませんが、ここで魔法の言葉を使ってみましょう。

とはいっても難しい言葉ではありません。

難しさといえば、アナタの内面の問題だけです。

その言葉とは「ありがとうございます。」「ごめんなさい。」

な~んだ簡単と思うかもですが、当然のシチュエーションで使うのと、思いやりで使うのとでは雲泥の差があります。

例えばですが、相手が悪かった場合にでも謝ることやお礼が言えるかどうか?

普通は出来ないでしょうし使う場所を間違うと犯罪者にもされてしまうので要注意ですが会話の中でなら余裕も見せられます。

また、トラブルを防ぐことも出来ますし事を荒立てることもありません。

なによりも自分の品格も上がります。

逆にどれほど着飾っていても、どれほど高級品を身につけていても、どれほどのお金持ちであっても、これが出来なければ人間性もそれまでです。

たまにいますよね?

先生と呼ばれる政治家とかの社会的地位が高くても本性は・・の方々が。

人間関係がうまくいかない理由は?

もうこれはコミュニケーションが図れるかどうかというよりもトラブルのもとにさえなってしまう致命的な欠点ともいえます。

たとえわずかな時間であっても人間関係は接客にも必要な要素で、ここを外すとどうにもなりません。

あらかじめマニュアル化されたトークだけで済んでしまう接客だけであればこなすことも可能ですがフリーのトークが必要な場合は欠点が露呈します;。

フリートークというのは地が出る部分でもありますので日常でも同じ現象が現れているということになります。

残念ですが、この様な方には友達も少ないのではないでしょうか?

あるいは、決してお互いを高め合うことのない異性にはもてはやされるかもしれません。

さて、この様な方の特徴を羅列すると決定的な部分に【人の話を聴かないし興味も持たないし、理解もしない】ということがあります。

言い換えれば自己中ということも有るのですが、【正しいのは自分で、そのほかは否定してしまう】という特徴もあります。

さらには【出来事に対しては何でも人のせいにして、自分は悪くない】と考えるのも特徴になります。

良かれと思って他人に尽くしたことは感謝されないと気が済まない、または、してもらうのはあたりまえだけど自分はしたくないなど。

あげればキリが無いのですが相手の立場に立たないことや相手の気持ちを考えないということでは自己中の表現がピッタリかと思います。

また、常識がないとか規則を平気でやぶるなどのマナー違反もこの手の特徴と言えるでしょう。

だからといって改善の方法が無いわけではありません。

相手に対する配慮を意識するだけでも変化は顕著になりますから思い当たるフシがあれば早速心がけてくださいね。

見た目よりも中身が大事な理由

実はこれ、ホステスだけの話ではありません。

どれほどの美人でも、どんだけイケメンでもコミュニケーションが図れないということは致命的にマイナスの部分があるということです。

口数だけ多ければ良いという訳でもありませんし、口下手ならダメという訳でもありません。

口下手であれば、他の部分でどれだけそれを補うことができるかでトータルのコミュニケーション術は違ってきます。

あたりまえのようですが、大切なのは相手に気持ちが伝わるかどうかになります。

そのため、口数が多くても薄っぺらい言葉で上っ面だけ繕ってみてもアナタの気持ちは伝わりません。

072306結論としてブサイクでもブ男でも美人やイケメンに勝つことも可能になるのです。

話しのできない美人がもてはやされるのはグラビアの中だけで、実際には一瞬の出来事です。

もちろんホステスの場合は使えません。

さて、会っている瞬間は一生懸命にコミュニケーションを図ろうとするホステスでもオフタイムに気持ちを伝えるかどうかで結果は変わってきます。

慣れてくれば上手な会話などは考えるまでもなく身についてくることでしょう。

ですが、会っていないときのアプローチこそが気持ちを伝えるチャンスということもあります。

つまり、「一緒にいなくても、いつもアナタの事を考えているのです。」というアピールになります。

ご自分に当てはめてください、

ホステスからのメールは毎回営業メールの場合と、さりげなく気持ちの伝わるメールをもらった場合にどちらが嬉しいですか?

あなたが男性の場合でも同じです。

彼女に送るメールは必要最低限で用事を済ませるだけでは気持ちまでは伝わっていないかもしれません。

あっ、だからといってストーカーまがいに膨大なメールを送るのは論外ですからね~。

タバコと灰皿の位置にも気を配る

灰皿の位置にも気をつけることは、相手のタバコと灰皿の位置で、店側から見えない位置にも置いてある場合もあるから気をつけたい!

ミスを犯すこともありますから、この辺は注意したいものです。

特に低い背の人は、注意したいところですから、カウンターからは見えない死角があることだけは理解してもらいたいです。

◇ある営業時にあったミスの例として

ライターにタバコの火を付けていた男性にグラスを置くときに、たまたま<“http://matome.naver.jp/topic/1LvEU”>タバコ</a>の火が当たったことがあります。

瞬間なので、それほど熱くはありませんでしたが、これは一歩間違えば火傷になりますから、相手の腕をよく見るようにしたいものです。

これは店側のミスですから、当然こちらはプロですし、なるべくは顔色は変えないで何事もなかったようにやらなければなりません。

お客さんとしては、「大丈夫?」と声を掛けてくれましたので、そのときはにこやかに対応してそのときの場を済ませました。

これがまともに腕に当たった場合は顔色を変えますが、人間は反射能力がありますから、すぐに熱いと思う前に腕がとっさに動くのが通常です。

だから事故までということにはなりませんが、グラスをこぼすかもしれません。

◇お客さんの癖を見る

始めてのお客さんはわからないですが、常連のお客さんならば見抜いて欲しいところです。お客さんの癖などにも注意したいところです。

カウンター越しで歌っている間に、たまに、タバコを持つ方もいますから、歌っているから安全という考えはしないほうがいいでしょう。

もし、それで両手が塞がっている状態で躓いたりしたときに、危ないので時々そういうお客さんには歌うときはタバコをおいてということもあります。

酔っているか、通常なのかという状況に応じてですが、出来ればそのくせを直して欲しいと思うこともあります。

これは事故を未然に防ぐことを前提として、注意することもありますから、そのときに状況に応じて対応します。

店側もお客を選びます。

接客としての常識としては、店側もお客を選ばなくてはなりません。

いくらお金を落としてくれるお客さんだからといっても態度が失礼な方は即お断りが常識です。

それが常連であろうと、始めての方であってもお客さんは選ぶべきなのです。

他人に迷惑を挙げる行為してくる人に対しては、周りのことを特に考えませんからそういった方は即帰っていただきます。

hoken2それが、お金をたくさん落としてくれる人でも同様です。

もしそれを逆として考えるならば、お金を落としていればどんな態度とってもいいということになります。

相手に迷惑をかけてもお金を落としてくれる人だから仕方ないという考えの方は接客に向いていません。

それが初めての方であっても態度が悪ければ、本当にこれは他人様にもいい迷惑です。

そういったお客さんは次からもあまり来てもらいたくありませんから、まず注意をいい払います。

そこでわかって頂ければ、今度も来ていただいた時に態度をよく見るようにしています。

その後の行動をどうでるかで、接客の態度も変わります。

どちらが一番重要なのか考えればわかりますが、いくら常連でも迷惑をかければ注意をいい払います。

それが毎回来てくれているからと仕方ないということは多少ありますが、一度そういう迷惑した方はまず注意します。

お客さん同士揉め合った場合としては、先に手を出した方を止めます。これは常連でも初めてでも同じです。

どちらを優先にするかと申しますと、一人の常連のお金をたくさん落としてくれる人ではなくて、周りの多人数派です。

これは店を営業するとしてはかなり、重要なことでありますから、困った場合はこのようにしてください。

スナックとキャバクラ接客の違

スナックというのは、カウンター越しで通常接客して、お客さんの要求にあわせて、動いたりするのが通常です。

座ることが一切ありませんので、立ち仕事が主な業種となっていますが、面接の時には立ちくらみの経験やタバコの経験やスナックの経験も聞かれたりします。

主にお酒、ソフトドリンク、ツマミがメインとして、お客さんの注文に応じてチャージやボトルキープまたはカラオケを選曲して歌うことができます。

主にママさんのお客さんの相手役として、お手伝いとして動いてやるバイトさんなどが数名いるのが普通である。

gazou1キャバクラというのは主にクラブで働いているのが通常であって、接客の対応としてはお客さんと同じ席でするのが普通です。

お仕事の内容は外から男性の接待をし、呼び込みからお酒を継いだり、一緒になって楽しみながら飲むのが通常であってそれらで営業をするのが目的です。

また30代以上になるとホステスと呼ばれる接客の仕方に変わってきて、大人の話を聞いたり楽しんで飲んだりして接客します。

トークそのものもお客さんと対等に振る舞いながら、接客するのがホステスで、若い子達と一緒になって、飲んだりするのがキャバ嬢ということです。

つまりクラスが変わってくるとお客さんとの接客方法もかわり、若いクラスが<“http://charismahostess.blog73.fc2.com/blog-category-1.html”>キャバ嬢</a>であり、大人のクラスがホステスというのがわかりやすいです。

それ以上のクラスとなると社長やご年配達が楽しむ高級クラブとなりますから、プロのホステスがその相手をします。

地位としては、キャバ嬢>ホステス>プロホステスということで接客するようになるわけです。

スナックの営業方針に関して

通常のスナックは営業時間としては18時から24時位で終わるのが普通です。一部1時までというところもありますがそれ以上の営業としては特別許可が必要です。

それ以降に関しては、風営法上で深夜における酒類提供飲食店営業に届けが必要になり、それを認められることで0時~6時まで営業する事ができます。

昼間に昼スナックまたは昼カラオケと呼ばれて営業している<a href=”http://ameblo.jp/nerima/entry-10119396216.html”>スナック</a>もありますが、その場合はママさん一人で営業して12時~5時くらいが通常です。

お店によっては始まる時間が多少変わることもあり、値段も1000円~とマチマチであるが、ほとんどは1000円プラスドリンクお菓子つきでターゲットは50~60代位の方。

つまり、昼間は年金生活の方やお年寄りを対象としていますから、値段が安いわけです。土日も1000円が普通ですが、たまに若い子も来ることもあります。

その代わりお酒を注文すれば、その分割高にはなりますが、それ以外のソフトドリンクやお菓子などは無料で歌い放題がメジャーです。

夜は値段が高くなるのは、お酒も取り扱うことがメインもあり、それに続いて昼間働いている人をターゲットにしているからそれなりに高くはなります。

もちろん、ママさん以外に数名の女性がお手伝いやバイトのために6時前には来られますから、その人件費として上乗せされます。

カラオケやチャージ料金とお客さんが頼まれたボトルキープなどもその都度料金加算となり、それがママさん専属のお客さんやお手伝いさんのリターンさんであったりします。

初回の人にはお店を知ってもらうために

始めて来てくれた方の対応としては、なるべく自己紹介をするようにはしています。

どういうお店であるのかを理解してもらいたいからでもありますし、なるべく初回お越しいただいた方には優先して<a href=”http://ameblo.jp/bijou-life1/”>接客</a>します。

常連客さんの場合ならばいつも来てくれていますから、性格にもよりますが優先順位は・・・

始めてのお客さん>リターン客>常連客

◇にこやかに印象よく

12859印象よく接客します。初印象というのが接客面では大変重要なことですから、失礼がないようにします。

態度が悪い人にはそれなりに合わせて接客します。周りのお客さんの迷惑にならないようにするためにです。

◇ごく自然な笑顔で

不自然な笑顔は見せないように、みなさんと対等に接するようには心がけています。

始めてだからと特別扱いということは、特になく周りの人と対等に接します。

これがにこやかすぎると不自然さもありますからプロとしてはごく自然な接客であるべきです。

◇帰りがけには名刺を渡す

またお越しいただけるようにするために名刺を渡します。いいお客さんで来てくれると、またよさそうな感じの方は特に名刺を必ず渡しています。

状況に応じてサービス券なども配布することもあります。これはお店側としてのリターンという上でもあります。嫌な態度をとられた方はもちろん名刺は渡しません。