スナックとキャバクラ接客の違

スナックというのは、カウンター越しで通常接客して、お客さんの要求にあわせて、動いたりするのが通常です。

座ることが一切ありませんので、立ち仕事が主な業種となっていますが、面接の時には立ちくらみの経験やタバコの経験やスナックの経験も聞かれたりします。

主にお酒、ソフトドリンク、ツマミがメインとして、お客さんの注文に応じてチャージやボトルキープまたはカラオケを選曲して歌うことができます。

主にママさんのお客さんの相手役として、お手伝いとして動いてやるバイトさんなどが数名いるのが普通である。

gazou1キャバクラというのは主にクラブで働いているのが通常であって、接客の対応としてはお客さんと同じ席でするのが普通です。

お仕事の内容は外から男性の接待をし、呼び込みからお酒を継いだり、一緒になって楽しみながら飲むのが通常であってそれらで営業をするのが目的です。

また30代以上になるとホステスと呼ばれる接客の仕方に変わってきて、大人の話を聞いたり楽しんで飲んだりして接客します。

トークそのものもお客さんと対等に振る舞いながら、接客するのがホステスで、若い子達と一緒になって、飲んだりするのがキャバ嬢ということです。

つまりクラスが変わってくるとお客さんとの接客方法もかわり、若いクラスが<“http://charismahostess.blog73.fc2.com/blog-category-1.html”>キャバ嬢</a>であり、大人のクラスがホステスというのがわかりやすいです。

それ以上のクラスとなると社長やご年配達が楽しむ高級クラブとなりますから、プロのホステスがその相手をします。

地位としては、キャバ嬢>ホステス>プロホステスということで接客するようになるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です