人間関係がうまくいかない理由は?

もうこれはコミュニケーションが図れるかどうかというよりもトラブルのもとにさえなってしまう致命的な欠点ともいえます。

たとえわずかな時間であっても人間関係は接客にも必要な要素で、ここを外すとどうにもなりません。

あらかじめマニュアル化されたトークだけで済んでしまう接客だけであればこなすことも可能ですがフリーのトークが必要な場合は欠点が露呈します;。

フリートークというのは地が出る部分でもありますので日常でも同じ現象が現れているということになります。

残念ですが、この様な方には友達も少ないのではないでしょうか?

あるいは、決してお互いを高め合うことのない異性にはもてはやされるかもしれません。

さて、この様な方の特徴を羅列すると決定的な部分に【人の話を聴かないし興味も持たないし、理解もしない】ということがあります。

言い換えれば自己中ということも有るのですが、【正しいのは自分で、そのほかは否定してしまう】という特徴もあります。

さらには【出来事に対しては何でも人のせいにして、自分は悪くない】と考えるのも特徴になります。

良かれと思って他人に尽くしたことは感謝されないと気が済まない、または、してもらうのはあたりまえだけど自分はしたくないなど。

あげればキリが無いのですが相手の立場に立たないことや相手の気持ちを考えないということでは自己中の表現がピッタリかと思います。

また、常識がないとか規則を平気でやぶるなどのマナー違反もこの手の特徴と言えるでしょう。

だからといって改善の方法が無いわけではありません。

相手に対する配慮を意識するだけでも変化は顕著になりますから思い当たるフシがあれば早速心がけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です