ベネフィットを伝えていますか?

水商売といっても営業は大切です。

ただし物品やサービスとしての商品を売り込む営業マンとの違いは自分自身が商品でもあること・・。

駆け出しの営業マンであれば「モノを売る前に自分を売り込め!」と言われて見込み客を開拓してまわることもあるでしょうが、ホステスの場合は自分を売り込むことで「どうせ商売でしょう?」なんて敬遠されることもあります。

この場合は一生懸命にアピールするほど肝心の相手の気持ちは離れてしまうのが悲しい現実ですが、上手にアプローチをすれば売り込みではなく男性にとってのメリットという受け取り方をしていただけます。

それは相手にとってのベネフィットが何であるかをアピールすることです。

もちろん自分勝手な思い込みでのベネフィットの押し売りでは引かれてしまいますが、その瞬間をイメージしてもらうことが出来るなら半分は成功と言えるでしょう。

お客様は何故あなたのお店に通うのか?

何を目的にしているのか?

ここを単純に色恋とした場合は同じ目的の常連さんがかち合った時には対応が難しくなります。

もちろん色恋が目当て

もっと直接的にいうとカラダが目当ての男性もいるわけですが余程のケースを除くと目的を達成した後にも通ってもらえる保証はありません。

ヒントは感情を揺り動かすベネフィットになります。